MENU

キレイに別れていい女になる方法2つ4

付き合うときはワクワクドキドキしていても、別れるときはても辛いですね。
しかも、いつも相談をして仲良くしていた男友達なら、さらに切ない気持ちになります。
恋愛の相談をしているうちに、付き合うことになるパターンはよくあります。

 

なぜなら、何でも打ち明けて話せる人を、好きになるのは当然ですからね。
でも他に好きな人ができたら、別れなくてはいけないのでしょうか。
大切な人とキレイに別れるための方法を考えてみましょう。

 

1.友達でいるかどうかは相手が決める

男友達だったのに、彼氏になったのは、寂しかったのが理由かもしれません。
元彼には分かってもらえなかったことも、男友達なら理解してくれたのは、そのときにあなたが1番してほしいことだったのです。
元彼とあなたのことに、冷静にアドバイスしれくれて、その寂しさが愛情に変わったと考えられます。
付き合っていくうちに、あなたのほうが冷静になったとき、気がついたんですね。
やっぱり友達だったから友達以上の気持ちを持てないと。

 

そこで、あなたは自分の気持ちをきちんと伝えて、彼ともう1度、友達関係に戻りたいというと考えてしまう。
厳しいことをいうようですが、それはあなたのエゴというもの。
もしも、彼に「友達関係にもどってほしい」といえば、誰のことをまた好きになったのか、きっと気がつくでしょうから。
この場合、ただ「別れてほしい」という言葉だけを伝えましょう。

 

あなたが今、1番望んでいるのことを、そのまま彼に伝えるだけにとどめておくのです。
ストレートのその言葉だけを言うほうが、彼も「自分と別れたいんだな」と現実だけを見つめるからです。
そのとき、この先も友達でいるかどうか、そのまま離れようとするかは、あなたが決めることはできません。
彼自身が、自分の気持ちに正直に動くでしょう。

 

2.完全に受け身で話し合う

あなたが、男友達だった彼を好きになった理由は、おそらく寂しさゆえだったような気がします。
友達以上の関係になった2人の結末は、しっかりと話し合ったほうがいいですね。
これまで、いろいろと相談しあったり、理解を深めてきた絆を、簡単に失ってしまうのは、元彼と別れた以上に寂しさが募ると思います。
別れたいとあなたが伝えたとき、彼が「イヤだ」「理由がわからない」と感情的になったとしても、それを受け入れるべきです。
別れたいと突然いわれたら、誰でも動揺しますからね。
特に、友達として信頼関係をもっていた2人なら、別れるときも「今カレ」「男友達」の2つの関係が、崩れてしまうわけですから。
別れを告げるほうよりも、告げられるほうが、どうしても辛さがこみ上げてくるものです。
何を聞かれようと、問い詰められようと、恋愛関係でいたいと言われても、あなたは、揺れる彼の気持ちを受け止めてください。
決して口論してはいけません。
辛いと思いますが、完全に受け身を貫くことで、この先の未来がしっかりと開けるでしょう。

 

おわりに

付き合うよりも、別れ際のほうが、精神的に追い込まれます。
それは男も女も、たとえ自分を理解してくれていた友達だったとしても変わりません。
今は「別れたい」というあなたの気持ちを、まっすぐに伝える勇気をもってください。
それが、あなたと彼の「好き」という気持ちが、いつかまた友情に変わるかもしれません。
別れ際でキレイに「ありがとう」と言えたなら、あなたは間違いなくいい女といえます。