MENU

不況に生きる現代の男性が求める女性

バブルと言われた時代はとっくの昔に過ぎ去り、不況、不況と言われる時代がここ数年ずっと続いている傾向にあります。
そんな中、男性の考え方ももちろん昔と同じではありません。
今時の男性が考える女性の魅力や、女性に求めるもの、こんな女性とつきあいたいという条件は日々変わってきているのです。
さて、そんな不況という時代を背景を生きる男性にとって、どんな女性が魅力的に映るのでしょうか。

 

ズバリお金のかからない女性

可愛くてスタイルも良い、加えて性格も良いそんなパーフェクトな女性でも、持っているバッグや時計はブランドものでいつも身につけているのは流行りのファッション、こんな感じで決めていると、今の男性はちょっと引いてしまう傾向にあります。
普段のデートでもオシャレなレストランやバーに行きたいと言われるのでは?記念日には高価なプレゼントが欲しいとねだられるのでは?とプレッシャーがかかってしまうからです。
不況の世の中にさらされている男性にとって、つきあう女性くらいはお金の事を忘れてつきあえるナチュラル指向を求めるものです。

 

目的を持った節約を楽しめる女性

いかにも安物ばかりを買うのはよくありませんが、安くて質のよい物を選べる女性は男性から一目置かれるポイントになります。
料理にしても冷蔵庫にある物でさっと何か作れる女性は、生活を一緒にしてもうまくやっていけそうと思えるからです。
逆に計画性のない買い物ばかりして、使い切れず捨ててしまう食材が多かったり、使わない物に溢れてしまっているような部屋の女性では、お金の管理を任せるのは心配だと敬遠されてしまいます。
また、節約して貯めたお金で旅行や好きな趣味に費やすといった目標を持った楽しめる節約生活ができる女性も今時の男性にとっては魅力の一つとして映ることでしょう。

 

リラックス+出費なし=家デートを楽しめる女性

デートには流行のデートスポットに行きたい、オシャレなカフェで美味しいスイーツを食べたいなど、女性は何かと出かけたがりますが、男性はそうでもありません。
外出の度に出費はつきものですから、たまにはリラックスできる家デートを許してくれる女性が好感触です。
一緒に映画を見たり、まったりしながらするデートも悪くありません。
そこで、ある食事を使って料理の腕をふるうことができれば、今時の男性には家庭的で優しい器の大きな女性に見えるはずです。

 

支払いにこだわりない女性

男性も女性も収入の格差がそんなになくなってきた現代では、男性が常に食事代やデート代をおごることも難しくなってきたといえます。
そういう厳しい財政事情をきちんと理解して、ワリカンにも全く抵抗のない女性は男性にとってもプレッシャーがありません。
また、両者がお互いを思いやる気持ちも生まれます。
男性が全ておごるとなると、毎週女性と会うのは難しくなります。
つきあうこと事態避けてしまうかもしれません。
支払いにワリカンはありだという許容範囲が広いほど、男性から誘われる回数も増えることでしょう。

 

おわりに

男性が女性よりも収入を得ている、権力があるというような時代は終わり、男性側も今の現実を受け止め身の丈にあった女性を探す傾向が強まっています。
美人で完璧な女性よりも、今の自分が自然で付き合える女性を求めているのです。
物分りの良い、堅実な女性をアピールすることで、今時の男性の心をぐっと引き寄せる事ができるはずです。