MENU

恋愛の不思議♪男性の身近にいる女性を恋愛対象するのはなぜ?

買い物に行った先のショッピングモールなどで「お買い得」「今なら半額」「在庫処分セール」などの売り文句があった時、買う予定じゃなかった洋服やバッグ、保存できる乾物類などをついつい大量に買ってしまうなどの経験は、誰しもあると思います。

 

これらの売り文句は、お買い得感をあおることによって、お得感や満足感を感じてもらい、購入してもらおうという小売店側の作戦でもあります。これは人間関係や恋愛関係にも共通します。

 

初めてのデートの時、彼女がブランド物でばっちりに固めてやってきたら、男性側としたら「こんなお金のかかる子では、なかなか満足してもらえないんじゃないか」「高いバッグでも買わされるんじゃないか」などと不安にになり、女性側からしたらそんな気持ちは無くても、勝手にそう判断されてしまいます。

 

モテる服装としては、最近流行りのファストファッションや、ナチュラルで感じのよい服装の女性に男性は惹かれます。もちろんブランド物が好きな女性でも、ブランド品を買ってあげられるような甲斐性がある男性なら、その手の女性はかえってステータスになりますので、つりあいが取れるようならばモテるとは思いますが、大半の男性はお金のかかる女性を求めてはいません。

 

自分は少し手を伸ばせば届く距離にいる平凡な女性の方が、自分からアドレスを聞いたりデートに誘っても、断られる可能性の低い女子にターゲット絞るのは、傷つくことを嫌がる男性ならごく当たり前の行動だといえます。

 

●男性をあからさまに拒絶してはいけません

 

・男と女では全然違う、恋愛の波

男性は基本的に一目ぼれをしやすく、自分の理想の女性が現れた場合、すぐに好意を抱きます。

 

特に自分好みのルックスだったり体形だったりした場合、チャンスがあればすぐにでもアプローチをしてしまうのが男性の悲しい性です。ところが女性の場合男性とは正反対で、ルックスがかっこよくて男性のようになかなか心までは動かされません。どちらかと言うと「あんまり好きなタイプじゃない」と感じてしまうことの方が多く、出会ってすぐには打ち解けることはあまりありません。

 

というのも、女性は一度にひとりの男性の子供しか妊娠することができないので、自分を守って愛してくれる、優れた遺伝子を持った男性でしか受け入れないように、脳にプログラムされているのです。男性に浮気をする人が多いのは、この男女差が大きいからです。

 

ところがいざ付き合うことになってみると、男性側の態度が冷たくなることがありますが、これは男性の恋愛に対してのピークが過ぎつつあるからです。男性の恋愛熱の上昇は出会った時には始まっているので、ようやく付き合うことになる頃には熱が収まりつつある場合が多いのです。

 

その点女性はというと、お付き合いを通じて恋愛熱が上昇していくので、段々愛情も深まっていく形の恋愛パターンが多い傾向にあります。

 

ここで注意しておきたいのは、熱心にアプローチしてくれる男性に冷たくしないことです。

 

男女では恋愛熱の上昇の仕方が違うので、男性は出会った時から100%好きなのに、女性側から冷たくされたらもうアプローチしたくもなくなります。一旦手ひどく振ったくせに、恋愛熱の高まりによって相手の事を好きになって、告白した頃にはもう後の祭り。もう振り向いてはくれないなんて悲しい事態を招いてしまいます。

 

最初からバッサリ切り捨ててしまわずに、しらばく友達としてお付き合いしていくことも、良い恋愛をする秘訣といえるでしょう。