MENU

恋愛結婚できない女にありがちな理由とは

もしかしたらこのまま一生独身ですごすのかも・・・結婚適齢期が年々上がってはきていますが、お年頃女子にとって「結婚」は切実な問題です。

 

だからといって焦れば焦るほど、彼氏とは上手くいかなくなるし、今の彼より本当は私にぴったりな相手がいるのかもと思うと、ますます不安になるなど、気の休まることはありません。

 

独身でなおかつ結婚適齢期にさしかかった女性なら、現在の彼氏との関係や、婚活などをしている人もいるかもしれませんが、上手くいっていない人も多いはず。

 

では、なぜ結婚したいのに結婚できないのか?その原因はどこにあるのかをアドバイスしていきたいと思います。

 

●どうして結婚できないの?結婚できない女にありがちな理由とは

 

・長年自分の理想ばかりを追いかけて、現実を受け入れることができない

近年では平均年収も下がり、女性側の条件にかなう年収を稼げる男性の数が少なくなっています。一昔の理想の男性と言えば
「3三高(高収入・高学歴・高身長)」と言われていましたが、現在では「三平(平均・平凡・平穏)」と呼ばれる平均男子を望んでいる女性が多いのが特徴です。

 

そんな三平を望む女性ですら男性に求める年収は500万円以上と、現在の男性に求めるには少々お高め。

 

しかも専業主婦が理想という女性も増えており、専業主婦で子供がいて、ダンナはそこそこ稼いでくれればいいというささやかな理想さえも叶えるのが難しくなっています。

 

結婚をしたいのなら、自分の理想と現実をよく見比べるようにして、結婚しても働き続ける覚悟を持つくらいの気持ちで結婚を考えましょう。

 

・自分の我を通さないと気がすまない

結婚すれば何でも自分の思い通りになると思っている人もいますが、結婚は元々他人だったダンナ様との共同生活です。

 

食事の味付けから将来に向けての貯蓄、家事のやり方、お互いの価値観など、全部が全部一致するという事はまずありません。

 

恋愛中のわがままはかわいいで済まされる場合が多いですが、結婚となるとわがままがマイナスポイントとなり、結婚相手として選ばれるには難しくなります。

 

彼氏の趣味や思考を知りもしないうちに頭っから否定したり、何でも自分の思い通りにしようとする自己中心的な考え方では、結婚どころか恋愛関係を持続していくにも難しくなります。

 

今の彼氏にワガママを言い過ぎていないか、無理をさせすぎていないかをもう一度考えてみましょう。

 

・あまりにも高すぎるプライドは、あなたの魅力は半減させる

食事にいくのも高い所じゃないと嫌がったり、プレゼントも高級インポートブランドを欲しがったりと、自分をお高い女性として扱って欲しい女性は、アクセサリーとして女性を扱いたがる男性以外には人気が無いものです。

 

結婚=生活ですがか、毎回そんなに見栄を張っていても、すぐに生活が破綻してしまいます。

 

プライドは外見を磨くのではなく、内面を磨くために使わないと人間的な成長がみられませんし、結婚したくても相手が逃げ出す原因になります。

 

おわりに

女性にとって結婚は人生の一大イベント。男性に比べ、苗字が変わったり、出産したりと日常が大きく変化するので、絶対にいい条件の人と結婚したいと思うのは理解できますが、いい条件=お金と決め付けてしまうのではなく、男性を自分が育てて出世させてあげるくらいの気合で相手を選んだり、一緒にいると気持ちが安らぐなどの相手とめぐり合えるよう、いい恋愛をしましょう。